1. ゴルフ会員権ネットTOP>
  2. ゴルフ会員権ネットブログ

ゴルフ会員権ネットブログ スマートゴルフを目指して

総武カントリークラブ、習志野カントリークラブを過ぎてしばらく走ると平屋建てのこじんまりしたクラブハウスに到着しました。 

clubhouse-nisso.jpg

 

ネットでセルフプレーをお願いしたのですが一番驚いたのは完全セルフのそのスタイルです。
・ゴルフバッグを自分で持ちバスで移動
・スタート地点で1人用のセルカートに自分で積み込み
・帰りにクラブを拭くのもバッグをしまうのも全てセルフ

それが徹底されているためか諸費用の安さは圧倒的です。

メンバーでセルフの場合4,715円、キャディ付きでも8,000円ちょっとです。
更に圧巻は18歳以下の家族を同伴の場合4,715円でラウンド出来るため親子連れの姿が目に付きました。

親子でプレーしても1万円以下!

これだけで多少の事(クラブハウスが禁煙でない事、BGMがない事、施設がやや古い事)を差し引いても

習志野CCから15~20分の地の利にあってこの料金の安さは大きな魅力と思います。

雨続きの後で下がややぬかるんでいましたがコースはフラットで広々しています。

 

no10-nisso.JPG

 

手引きカートで全行程歩きでもそれほど疲れはありません。

ノーザンカントリークラブ錦ヶ原ゴルフ場よりは樹木が豊富でドッグレッグもありレイアウトに変化がありました。 

 

blog2-nisso.jpgblog1-nisso.jpg

 

それにクリークが結構利いていて単調になりがちな河川敷のコースの戦略性を高めています。

フロントティのロングで540ヤードと距離もあり子供や女性向きとは言えないハードな面も随所に見受けられます。

 

No2-nisso(350).JPG

 

年会費も安く(18,900円)プレー本位で家族や友人とゴルフをしたい方にはもってこいのゴルフ場かもしれません。

それと色々うるさい注意事項等もなく初心者には馴染みやすい雰囲気のような気がしました。
 

※参考ページ

ニッソーカントリークラブゴルフ会員権

 

このページの先頭へ

2012.03.14
デフレ脱却!?

久し振りに少し離れたゴルフ練習場に行ってみました。
「少し離れた練習場」というのは変な表現ですがその練習場は料金が高いため、いつもは近い練習場へ行っています。

(100球位打つと2倍の料金差になります)

しかし何年振りかに行って驚きました。平日昼間なのに駐車場はいっぱいで1階から3階まで8割方埋まっています。

1球16円もする練習場がいっぱい!

少なからずショックを受けました。安くてそれなりのサービスがこのデフレ時に受け容れられてると思っていましたがまったく覆されました。

近くの練習場は決して狭く短いわけではありません。

素人の練習なら充分です。料金の安さが圧倒的に上回っていると思っていました。

いろいろ考えましたがこれといった理由が思い浮かびません。
・デフレを脱却してきた
・平日休めるシニア層がリッチ
・ゴルフ位いい気分でやりたい

しかしこれほど圧倒的な差を目にしますと料金競争に苦戦しているゴルフ場にも大きなヒントになりそうな気がしました。

「料金が高くても内容があればお客は集まる・・・」
バブルの頃に言われた法則を久し振りに思い出します。

「100万円位まででいい気分にさせてくれるコース」
思わずリストアップしてみたくなりました。
 

このページの先頭へ

2012.03.01
LCC元年

昨日テレビでLCC(格安航空)の特集番組を見ました。
LCCの雄、春秋航空の誘致に成功した佐賀空港の圧倒的な賑わいが
写し出されていました。
誘致するには何億もの資金を空港側が観光補助金として提供する事に驚きました。

上海ー佐賀が3,000円台で信じられないような値段です。
飛行機の中は空席がない状態でした。

国内でもようやく3社がLCCに名乗りを上げてこの春就航するようです。

おもしろかったのは春秋航空の上海本社です。
古いビルで廊下の電気も点けずパイロットの控室は
暖房も冷房もないような部屋でした。
安全コストは押さえずその他のコストを徹底的に押さえ
航空運賃の安さを実現しているのがよく分かります。


「コストを徹底的に押さえ、消費者が最も喜ぶようなサービスを提供する」
というのは今や時代の流れなのだと痛感せざるを得ませんでした。

そういえばゴルフ会員権取引も・・・・・・・

弊社オフィスに冷暖房はあります。

このページの先頭へ

嬉しいメールをいただきました。

『先日書類を持って面接に伺ったのですが、昨日、○○カントリーから入会承認書が届きました。
無事、手続きが終了しました』

初めてのゴルフ会員権ご購入ということで
色々ご不安があったかと思います。

『メールだけのやり取りですので客を不安がらせない事に気を使っていらっしゃったと思うのですが
私としては、ホームページの分かりやすさや更新頻度、利用者の声などがありましたので
全く不安なくお取引させていただきました』

日々のホームページ更新(コツコツ作業)は肩こりの元です。

『今のところは予定はないのですが、知人などが購入の際には又お願いする事があるかもしれません。
その際は、宜しくお願いいたします』

いえいえそんなご無理をなさらないで下さい。
温かい気持ちのこもったメールで充分です。
肩こりが軽くなりました。マッサージ1時間分の効果です。

『今回は○○様のおかげで財布に負担をかけずスムーズに入会することができました。
本当にありがとうございました』

3時間に訂正させていただきます。
 

このページの先頭へ

今朝弾んだ声で電話をいただきました。
昨日の雨の中初めて月例競技に参加し、なんと優勝してしまったそうです。

月例競技というのはゴルフ場で月に1回開催される競技会の事を指します。

競技に参加し優勝したと言う単純な話ですが、これをもう少し詳しく説明しますと
競技に参加するためにはハンデキャップを取得する必要があります。
ハンデキャップを取得するためには5枚のスコアカードを提出しなければなりません。
つまり5回プレーをしてスコアを提出する必要があるのです。
5枚カードを提出し約1ヶ月くらいしてハンデキャップ認定書が届き
それから競技会にエントリーとなります。

つまりこの方は昨年の秋にアコーディアグループのコースをご購入いただき
5回プレーをされ、ハンデキャップを取得し競技にエントリーし
初参加で優勝ということになります。

購入される時プレーが望み通り出来るかどうか心配されていました。
・休みは土日しか取れない
・知り合いがいないが一人で予約が可能なのか
・予定が前もって立たずその週になってみないと分からないがそれでも大丈夫か
・ハンデキャップの取得に半年以上かかってしまうのではないか
・競技に中々エントリー出来ないと聞いたが大丈夫か

高額のコースではないので理想通りとは行きませんがお一人ならそれほど心配されることは
無いのではと申し上げるしかありませんでしたが恐る恐るのご購入でした。

12月末までの2カ月で5回プレーされ、1月にハンデキャップの通知をもらい
すぐエントリーしたとのことです。

・競技は緊張感を持って出来たこと
・更に上のクラスを目指して頑張りたい
・競技が結構盛んでこれからが楽しみ

弾んだ声でいろいろご報告いただきました。
全部で20万円弱の予算でこんなに充実したゴルフライフが送れて有り難い、
色々心配していたことは杞憂だった、との事でした。

優勝カップにお酒を注ぎご家族に嬉しそうに報告をされてる姿が想像されます。
(大分昔の誰かと同じ?)

このページの先頭へ

プロフィール

グローバルゴルフネット株式会社
代表取締役社長 坪井 繁幸