1. ゴルフ会員権ネットTOP>
  2. ゴルフ会員権ネットブログ

ゴルフ会員権ネットブログ スマートゴルフを目指して

昨年5月の発表以来お客様から大変ご好評いただいておりましたニッソーカントリークラブの入会促進特別キャンペーン(名義書換料に対して購入したゴルフ会員権に記載されている預託金額面を充当できる制度、当初2013年5月31日まで)が2014年3月31日まで10か月間延長されることになりまし た。

(延長期間)2013年6月1日から2014年3月31日まで

(正会員)
現行の名義書換料 210,000円(税込)
預託金より充当可能な額 200,000円
充当後の実質負担額 10,000円

(平日会員)
現行の名義書換料 105,000円(税込)
預託金より充当可能な額 100,000円
充当後の実質負担額 5,000円

※正会員・平日会員ともに実質消費税分のみ負担

 

ニッソーカントリークラブゴルフ会員権相場

no10-nisso.JPG



ニッソーカントリークラブは各種維持費用(年会費やプレーフィ)も良心的でアットホームな雰囲気もありゴルフ会員権ネットでも人気のコースです。

プレーは歩行ラウンドではありますが、コースがフラットな為苦にはなりません。また、距離も長く飛距離を出せる方にも人気があり、自分の飛距離を確かめるには持ってこいのコースと言えます。

メンバーの方がお子様を連れてラウンドされても2人で1万円そこそこでプレーができる優遇制度があり、クラブハウスには年配の方から若手の方まで和気藹々とした雰囲気があります。

このページの先頭へ

関越自動車道・花園インターチェンジから28kmとやや遠めですが到着してみるとホテル付きの立派な建物に圧倒されました。彩の森カントリークラブが女性に人気のゴルフコースというのも頷けます。
 

clubhouse-sainomori.JPG


完成が平成元年ですから相当高額な募集がなされたのではと思われます。

連休中ということもあり、今回は予約がいっぱいでホテルには泊まることは出来ませんでしたが宿泊プランが活況のようです。

コース設計はメジャー通算8勝のトム・ワトソンです。丘陵地に池、バンカー、クリークが巧みに配置され、ゆったり広々した部分と戦略的な部分が絶妙なバランスになっています。

no1-sainomori.JPG


そして何より一番の売りはその眺めでしょうか。
 

no2-sainomori.JPG


秩父連山の雄大な山々を眺めながら打ち下ろしのなだらかなホールに向かって打っていくという印象が一番強いです。神奈川や東京のコースにはないゆったり感は圧巻です。

 

no3-sainomori.JPG



組み合わせをお願いしたのですが難しいということでツーサムでした。割高な割増料が気になりましたが(1名2,100円)、前の組も後ろの組もツーサムでした。割増料を払ってでもツーサムを選ぶプレーヤーが多いのかもしれません。メンバーになってフリーで1人で行った場合ツーサムに合流できるのかやや心配になりました。
 

no4-sainomori.JPG


連休中ということもあり、プレーヤーがかなりパンパンに入っていたと思いますが、コースがゆったりしていて詰まる箇所が少ないためかラウンドにそれほど時間はかかりませんでした。

 

no5-sainomori.JPG



ネットで見ると色々格安なプランが目白押しでメンバーになる意味がなさそうな気もしますが競技会は盛んなようです。メンバーフィも6,000円台で年会費も30,000円(税別)と安く、彩の森CCを回数利用すれば充分元が取れるコースだと思います。名義書換料は20万円(税別)でトランスファー制度やシルバーステイタスをお持ちの場合は名義書換料が半額の10万円(税別)とお得です。

 

弊社で彩の森CC会員権をご購入頂く方のほとんどがシルバーステイタスやトランスファー制度をご利用頂いています。

 

no6-sainomori.JPG

 

彩の森カントリークラブ会員権相場(埼玉県秩父市品沢坊ケ入1641)

コース設計:トム・ワトソン

名義書換料:20万円(税別)

年会費:3万円(税別)

アクセス:関越自動車道・花園インターチェンジから皆野寄居有料道路経由で約28km

クラブバス:西武秩父駅より運行(要予約)

このページの先頭へ

直前にインターネットで予約しWESTコースからOUTコースを回りました。昨年、INコース→WESTコースをラウンドしましたがOUTコースはINよりも更に広々した感じで距離のあるコースも何ホールかありました。
 

no1-toumeiatsugi.JPG


OUT→INコースだとコースレート71,1で距離も6,600ヤードを超えますのでかなりタフなコースになります。

OUTコースは広々していて気持ちのいいホールが続きます。Hole1ではバックから600Y近い打ちおろしで、遠くスカイツリーを眺めることができます。

グリーン前に池があったり、フェアウェイ真中に大きな木があったりとアクセントにも事欠きません。

 

no7-toumeiatsugi.JPG

 

コースもほぼフラットで極端な打ち上げや打ちおろしはありません。

5月のトップシーズンでしたがWESTコース2時間、OUTは2時間半と比較的スムーズでした。グリーンはディボットもなく素晴らしいコンディションです。

セカンドがやや打ち上げのホールが多くバンカーも効いていてセカンドショットの正確性が問われます。そのうちの2ホールはドライバーがいい当たりをしてもセカンドで200Y位の打ち上げが残りタフな印象でした。

 

no9-toumeiatsugi.JPG



ご存知の方がほとんどかもしれませんが、東名厚木カントリー倶楽部会員権は中央都留カントリー倶楽部(山梨県)もメンバーとして利用できる「共通」の会員権と、東名厚木カントリー倶楽部単独で利用できる「単独」の会員権の2種類があります。

中央都留カントリー倶楽部との共通会員権は年会費が高いためか相場が弱くなっています。
 

東名厚木カントリー倶楽部単独会員権と比較すると年会費が12,600円違うのみで2コース使えるのはお得感がある気がしますが、実際の相場は5万円以上差が付いています(2013年5月現在)。

共通から単独への種別変更(手数料52,500円)も出来るので(2013年9月末までの期間限定)共通会員を割安に購入してから単独会員へ替えることも可能です。

スタッフの雰囲気は親切で感じが良く購入総額30万円以下で東名厚木CCのメンバーになれることを考えると割安感はある気がします。
 

scene-toumeiatsugi.JPG

※OUTコースから眺める相模平野の風景。晴れた日には東京スカイツリーが見られるホールも。

このページの先頭へ

名義書換料 525,000円を4月1日から一気に0 円にすると発表した埼玉県の「さいたま梨花カントリークラブ」、

久々に強烈なインパクトのあるニュースでした。

名義書換料が0円になって まだ1週間も経っていませんが、買いが殺到しています。

発表前は買いの勢いは弱く、売却できても2,3万円だったのが、1週間もたたずに10万円以上の相場が付いています。

市場の反応はきわめて当然です。
 


多くのコースが相場に比べると高額の名義書換料負担を強いているため、


□名義書換が進まない(新規メンバーが増加しない)
→□休眠会員が増える
→□ゴルフ場の活性化が進まない
 

という悪循環に苦しんでいます。

名義書換料収入が大きなウェイトを占めるので簡単には減額できない、というのが実態ではないでしょうか。

今回のさいたま梨花カントリークラブ名義書換料0円の決断は名義書換、ゴルフ会員権市場、

ひいてはゴルフ場運営に大きな流れを造る嚆矢になるような気がします。

【新規入会者の平均像】
月に3回、年間36 回プレー、年2回ビジターの方を同伴
メンバフィ7,000円×36 回/年+ビジターフィ15,000円×3名×2回/年=342,000円

【名義書換料を0円にした場合の想定書換件数】
月間20件×12か月=240件/年

【名義書換料を0円にした場合の想定売上】
342,000円×240件=約8,200万円
 


ゴルフ場経営の現場で苦労されている方からはこんな声が聞こえてきそうです。
 

「アクティブユーザーが増え、年間約8,200万円の売上貢献!」は机上の空論ではないのか?
 

⇒お答えになるかどうかはわかりませんが、名義書換料を減額したコースのデータをお見せしたいところです。
 


営業収入で経常黒字にするのが健全ではないのか?
 

⇒「経常黒字必須」→「ゴルフ場間の競争も激しくプレー単価の低下」→「空き枠の受け入れ」→「ネットゴルファーの受け入れ」→「ハーフ3時間」→「購入者敬遠」、の負のスパイラルに陥っているのではないでしょうか。
 


最近の埼玉梨花カントリークラブへの購入ニーズを考えると「最終的にはゴルファーが決める!」と思えてなりません。

このページの先頭へ

中央道・大月インターチェンジから中央都留カントリー倶楽部まで15分。

小高い山の中に展開された18Hで富士山の眺めが素晴しいコースでした。夏は涼しい気がします。
 

mtfuji-chuotsuru.jpg

 

急峻な山の中なのでアップダウンを予想していましたが意外とフラットに展開されていて驚きました。

 

no1-chuotsuru.jpg

 

神奈川県のコースのような打ちおろしや打ち上げのホールは何ホールかだけで事前のイメージとは大きく異なっていました。
 

no2-chuotsuru.jpg


フェアウェイが意外と広いためティーショットが思い切り打って行けるのは好印象でした。
距離は長くないのでハードヒッターには物足らないかもしれませんが厚木近辺にあればかなり評価されるコースと思います。

女性やシニアには充分なゴルフ場です。
 

no3-chuotsuru.jpg


東名厚木カントリー倶楽部との共通会員で年会費が50,400円、東名厚木CC単独で37,800円、その差僅か12,600円です。

ほとんどの方が東名厚木カントリー倶楽部しかプレーしないからと単独の会員権を希望されるので、単独の会員権相場が割高になっています。

東名厚木CC単独より相場が安い共通会員(東名厚木&中央都留)はお得感があるのではないでしょうか。
 

no4-chuotsuru.jpg


更に中央都留カントリー倶楽部のみ家族や知人を1名サブ登録出来てメンバーフィでプレー可能という嬉しい特典が付いています。
 

no5-chuotsuru.jpg


単独も共通も書換料21万円に対し額面金額から最高20万円まで充当できます。

PGMによる2013年名義変更入会プラン(預託金充当)
 

例えば額面金額123,000円のもの(一番多い)ですと名義書換料は87,000円になります(21万-123,000円)。

東名厚木CCと中央都留CC共通会員権の相場が8~10万円(2013年3月8日現在)、名義書換料が87,000円とすると総額20万円で2コースのメンバーになれます。

 

更に家族が1名中央都留カントリー倶楽部でメンバーフィでプレー可能になりますのでお得感は充分でないでしょうか。

 

no6-chuotsuru.jpg

 

施設は新しくはありませんが古臭い感じはありません。
 

club-house.jpg

 

レストランにもう少しお洒落感が欲しいと思いました。
 

restaurant-chuotsuru.jpg

 

窓からの眺めがいいのでプチリゾート気分が味わえるような気がしました。
 

※参考ページ

東名厚木カントリー倶楽部会員権

このページの先頭へ

プロフィール

グローバルゴルフネット株式会社
代表取締役社長 坪井 繁幸