1. ゴルフ会員権ネットTOP>
  2. ゴルフ会員権ネットブログ

ゴルフ会員権ネットブログ スマートゴルフを目指して

今年で45回目を迎える日本女子オープンゴルフ選手権3日目(横浜カントリークラブ西コース)を観戦してきました。日本女子ゴルフ界最高峰の競技として日本ツアートップクラスの選手と、海外からランキングTOP10位のうち7人が参戦し6人がメジャータイトルホルダーという超豪華メンバーによる戦いです。

プロツアーですのでゴルフ場内の写真を撮れませんが、間近でトップレベルの選手のプレーを見ることができテレビとは違う「生」の醍醐味を感じました。全英女子オープンを制した申ジエ、メジャータイトルホルダーのチェ・ナヨンなど間近で観戦できます。
 

japanwomen-yokohamacc.JPG


※写真は横浜カントリークラブ外に設置されているボードです。

大会3日目は土曜日であることと、天気が快晴だったため非常に多くのギャラリーが来場していました。JR東戸塚駅と相鉄二俣川駅から送迎バスがひっきりなしにやってきます。横浜カントリークラブに隣接する戸塚カントリー倶楽部西コース(設計:井上誠一)で開催された2005年日本女子オープンでは宮里藍が優勝したこともあり来場者は2万人を超えたそうですが、明日も台風の影響がなければ相当なギャラリーが来場することと思います。

凱旋帰国の宮里藍と米ツアー15勝、メジャータイトル5つの世界ランキング1位ヤニ・ツェンが同組だったため、午前中はこの組について観戦しました。宮里藍とヤニ・ツェンがたまたま同組というのは凄いですよね。(スコアの関係で本当にたまたまとのこと)

宮里藍は前半1バーディ、1ボギー(後半は3バーディ、1ボギー)でほぼ完ぺきなゴルフ。ドライバーの飛距離もホールによってはヤニ・ツェンと遜色なくフェアウェイをキープししっかりまとめていくゴルフでした。ヤニ・ツェンは前半2つのボギー(後半は1ボギー、1ダブルボギー)と5つスコアを落としてしまいましたが、ドライバーの弾道は世界トップレベルを感じさせるものでした。

横浜カントリークラブはホール間に起伏があり観戦しやすいゴルフ場です。テレビ中継では中々味わえない横からのドライバーの弾道をじっくり見ることができました。

大会3日目の今日は暑い日射しはあるものの1日、2日目のような強風はそこまでなかったのでスコアは伸びると予想して観戦していたのですが、3日目を終了してアンダーパー・イーブンの選手はいなくなりなりました。

これは一つにフェアウェイがかなり絞られているのと、ラフが想定以上に深いことが挙げられます。それに加えてパー4でも距離のあるコースが多くドライバーの飛距離が出ないとバーディ奪取が難しい反面、ひとたびドライバーショットでラフに打ち込んでしまうと大きな不利が生じます。

また、観戦していて気付いたのですがグリーンがかなり高速です。13番で宮里美香が2打目グリーンへの打ち上げをピンそばにアプローチし、スーパーショットかと思いましたがボールが止まりませんでした。  

まさに日本最高峰の舞台に相応しいコースセッティングです。神奈川県でも名門コースとして有名な横浜カントリークラブですが、改めてプロツアーを観戦してみてそのむずかしさを痛感します。全てのクラブを使い切り、なおかつコースの起伏をうまくコースマネジメントしなければなりません。3日間終わってアンダーパーの選手がいないのも頷けますね。

 

横浜カントリークラブゴルフ会員権ネットブログ

横浜CC14番は打ち下ろしのショートコースなので観戦しやすいホールなのですが、選手にとっては非常に難しいホールです。真ん中に池があり、なおかつ200ヤードありますのでロングアイアンかユーティリティを使用する必要があります。見ているとユーティリティを使っていた選手が多いのですが、10mの打ち下ろしからグリーン上にボールを止める技術を要します。

後半見ていただけでもこのホールで宮里藍がボギー、木戸愛もここでボギー、若林舞衣子も池にボールを落としてしまいました。

台風の影響が心配ですが、最終日は3打差に8人がひしめく大混戦。フォン・シャンシャン、木戸愛のトップ2人を含め上原彩子、宮里藍、インビー・パーク、宮里美香、不動裕理、北田瑠衣。この中誰が抜け出すか非常に楽しみな日本女子オープン最終日となりました。

 

ゴルフ会員権-神奈川県相場
 

このページの先頭へ

東名町田インターチェンジからゆっくり走って1時間で富士インターチェンジに着きました。遠いイメージですが朝の東名高速道路は矢張り早いです。

インターを下りてから20分で富士チサンカントリークラブに到着。東京・横浜から毎週通うには少し厳しいですがそれほど遠いというイメージは持ちませんでした。
 

clubhouse.jpg


富士市の製紙工場の煙突群が眼下に見える高台にレイアウトされた27H(富士、駿河、白糸)でホール毎は色々変化は有りますが、富士山の裾の勾配の通りの緩やかな打ちおろし、打ち上げが中心になっています。
 

no4fuji.jpg

 

クラブハウスのすぐ前は広々した富士、駿河コースのロングホールが隣り合わせで並んでいます。これだけでこのコースの雄大さが分かるというものです。

 

no1fuji.jpg



200Y台の短いミドルもありましたがコースはどこも広々していてOBは無く、コース内にネットで仕切りがあったりするような無理なレイアウトはまったくありません。

 

no2-2fuji.jpg



風格のある杉林でセパレートされており林間コースの趣も充分あります。まあ言って見れば雄大な林間コースに富士山の裾の勾配をつけたといった感じでしょうか。
 

no2suruga.jpg

 

グリーン周りも特に難しくなくバンカー数も少ない印象で、富士チサンCCは上級者にはやや物足りない部分はあるかもしれません。

 

no3fuji.jpg



バンカーや池、クリーク等で味付けしなくても杉林の上に見える雄大な富士山がなんといっても圧巻です(御殿場の富士山は大き過ぎるという評価もあります)。

これさえあれば何も要らない、そんな圧倒的な存在のような気がします。
 

no1-2fuji.jpg


名義書換料を含め15万円以下(2012年9月現在)でメンバーになれます。この金額でしたらビギナーの方やネット予約のゴルファーが多少多く、クラブハウスがやや古く、レストランがそれほどお洒落じゃなくても充分我慢出来るレベルかもしれません。
 

rensyu.jpg


富士チサンカントリークラブのメンバーになれば6,000円台でラウンドできるようです。ビジターだと6,7千円プラスですので20回もプレーすればすぐに元が取れる計算です。

初めての方や広々した所でゴルフをやりたい方にはぴったりのゴルフ場でしょう。

厚木近辺で2倍の予算でややトリッキーなコース(コース内にネットがある)でプレーするか、少し遠くても富士山を眺めながら伸び伸びプレーするか少し迷う選択のような気がします。

 

no2-2suruga.jpg


 

富士チサンカントリークラブ会員権相場

 

ゴルフ会員権ネットお勧めのPGMゴルフ場

このページの先頭へ

久し振りに習志野カントリークラブに行きました。回りは住宅地が増えた感じです。

 

no5-narashino.jpg

 

駐車場もクラブハウスも昔のままでしたがクラブハウスは内装を変え、照明を明るくしてきれいになっていました。

 

clubhouse1-narashino.jpg


練習場も本格的です。

 

rensyu-narashino.jpg


キングコースを回りましたが林間コースのようでありながらドッグレッグが意外と多いのは昔のままです。

ドッグレッグしているのでティショットの狙い所が狭く、少しでも曲げるとサイドバンカーや林につかまってしまいます。250Yのキャリーでサイドバンカーの上を超えるのが最も的確な攻め方ということなのでしょうがアベレージゴルファーにはかなり厳しいものがあります。

 

no1-narashino.jpg



ドライバーはとりあえずフェアウェイに置いとけばいい、というコースとは明らかに違います。まっすぐでやや短いホールもありますがフェアウェイのまん中に木があったりでやはりドライバーは狙って打つ必要があります。
 

no2-narashino.jpg


それとグリーン周りのバンカーが深く、数の多い事にあらためて驚かされます。花道が狭く、転がってグリーンに乗るなどというビギナーズラックはまずありません。グリーンも小さめでセカンドショットの正確さがかなり求められます。
 

no3-narashino.JPG


少しも気の抜けない一流コースの面目躍如といったところでしょうか。

こんな本物のコースでどうして習志野カントリークラブのゴルフ会員権相場がひと桁(2012年8月現在)なのか?誰もが疑問に思います。そういう問い合わせが多いのはまぎれもない事実です。
・空き枠(早朝、午後含め)を埋める営業努力は他では中々真似の出来ない工夫と努力がある(夕方18時30分を過ぎてもお風呂に入れ、受付に女性がいる!)
・格安料金で一流コースを堪能できる
 

no4-narashino.jpg


こういう評価とは逆に既存の習志野CCメンバーからラウンドに時間がかかる、ネットゴルファーを入れたら詰まるのは分かっていながら予約させている、という声もよく聞かれます。

2組前に明らかにネットゴルファーと思しきグループがいました。そのためか前半ハーフは3時間超、後半はその組が上がったのか2時間ちょっとでした。

今ゴルフ場が抱えている問題を象徴するかのような前半と後半のラウンドでした。


千葉県ゴルフ会員権相場
 

このページの先頭へ

ゴルフ会員権ネットブログではこれまでお客様からの人気が高かったコースをプレー記としてまとめています。これから掲載済のゴルフ場会員権をご購入予定の方は是非ご参考いただければと思います。

 

no1-sano.jpg

 ※写真は皐月ゴルフ倶楽部佐野コース

 

ゴルフ会員権ネットブログゴルフ場紹介

プレー記記載ゴルフ場(2012年8月現在)

(千葉県)
長太郎カントリークラブ
 

ロイヤルスターゴルフクラブ
 

大多喜城ゴルフ倶楽部
 

東京湾カントリークラブ
 

成田東カントリークラブ

(神奈川県)
東名厚木カントリー倶楽部
 

横浜カントリークラブ
 

東京カントリー倶楽部
 

秦野カントリークラブ

(埼玉県)
ノーザンカントリークラブ 錦ヶ原ゴルフ場
 

岡部チサンカントリークラブ
 

寄居カントリークラブ

(群馬県)
ノーザンカントリークラブ赤城ゴルフ場

ノーザンカントリークラブ上毛ゴルフ場

(茨城県)
ニッソーカントリークラブ

(栃木県)
皐月ゴルフ倶楽部佐野コース
 

鹿沼カントリー倶楽部
 

このページの先頭へ

7,500ヤード、18H、パー75、コースレート74.6とコースの長さでは有名な皐月ゴルフ倶楽部佐野コース(栃木県)を回りました。

 

no1-sano.jpg

 

特にギネスブックにも登録されたアウト7番964Y、パー7が有名です。

 

no2-sano.jpg

 

200Y位は飛んでる筈(?)のフェアウェイウッドで3回打ったのは初めてでした。
 

no3-sano.jpg


このコースの第一印象は刈込の素晴らしさでした。道路に接続しているアプローチが綺麗に刈り込まれているのに驚きました。その印象はクラブハウス回り、カートで移動する途中やグリーン周りに至るまで変わりませんでした。

ティグランド、フェアウェイ、グリーンの状態は当然ながらも素晴らしいものでした。
 

no4-sano.jpg


丘陵コースの分類でしょうが実際は限りなく林間コースの趣です。
深い森の中でプレーしている、というのが第二印象です。

やや狭いと思われるフェアウェイも左右が糊面になっているので実際はそれほどプレッシャーを感じないのですが左右のドッグレッグや、長い距離(インコースのロングホールは3つとも500Yを超える)が初心者には厳しく映るかもしれません。
 

no5-sano.jpg


何組か詰まったり、難しすぎるポイントを運営上の都合から少しずつ易しく直すコースが多い中皐月GC佐野コースは「タフでハードなコース」のコンセプトを大事にしているような気がします。
 

no6-sano.jpgno7-sano.jpg


クラブハウスもこじんまりしており落ち着いた雰囲気でした。

フェアウェイウッドやユーティリティを思い切り試したいという方にはもってこいのゴルフ場と思います。

インターからも近くスタッフの接客も感じがいいので自宅から近ければすぐにでも会員権が欲しいコースです。
 

栃木県ゴルフ会員権相場

皐月ゴルフ倶楽部佐野コース

 

このページの先頭へ

プロフィール

グローバルゴルフネット株式会社
代表取締役社長 坪井 繁幸