1. ゴルフ会員権ネットTOP>
  2. ゴルフ会員権ネットブログ

ゴルフ会員権ネットブログ スマートゴルフを目指して

2016年4月~17年3月31日までのPGMの名義書換料減額および預託金充当制度が発表されました。昨年からのプランを引き継ぐコースが多かったですが、4月以降にプランを変更するコースもいくつかありました。

首都圏近郊コースで4月以降に名義書換料の減額、増額があるのは以下です(正会員のみ抜粋、昨年までの減額料金と新しい減額料金の比較)。

【名義書換料の減額】
・東名厚木カントリー倶楽部・単独&共通(神奈川):20万円→18万円
・成田の森カントリークラブ(千葉):25万円→17.5万円
・扶桑カントリー倶楽部(茨城):20万円→10万円
・カントリークラブ・ザレイクス(茨城):25万円→20万円
・皐月ゴルフ倶楽部鹿沼コース(栃木):20万円→15万円
・中央都留カントリー倶楽部(山梨):15万円→10万円
・ローレルバレイカントリークラブ(福島):13.5万円→10万円

【名義書換料の増額】
・岡部チサンカントリークラブ(埼玉):25万円→40万円
※期間限定の書換料減額キャンペーンが終了し、従来の名義書換料へ戻った形。

2011年から始まったPGMの名義書換料減額・預託金充当キャンペーンですが、これまで大きな反響とインパクトを残しつつ現在に至っております。

ゴルフ場経営にはコースコンディションの維持やクラブハウスの修繕など、多額の費用がかかります。もちろん名義書換料の収入はコースにとって貴重な収入源となります。コストが莫大にかかるため名義書換料を据え置いたり、年会費を値上げせざるを得ないコースが出てくる中、既存メンバーに負担をかけずにアクティブメンバーを増やしていく本施策は発表当時、かなりインパクトがありました。

本キャンペーンは実施されてからもう6年目を迎え、ゴルファーの方にはかなり周知されつつありますが、これから初めてゴルフ会員権をご購入される方には、預託金充当制度についてよくご質問を頂きますので、改めて名義書換料への預託金充当制度の概要についてまとめてみたいと思います。

まず、PGMのキャンペーンは大きく2つに分かれます。
(1) 名義書換料の減額
(2) 名義書換料への預託金充当

そして、
・「(1)書換料の減額」のみ実施しているコース
・「(2)預託金充当」のみ実施しているコース
・「(1)書換料減額」+「(2)預託金充当」双方を実施しているコース
の3パターンがあります。

「(1)名義書換料の減額」は読んで字のごとくなので説明は省きますが、皆様からよくご質問を頂くのは「(2)名義書換料への預託金充当」制度について記載したいと思います。

ここでは、「(1)書換料減額」+「(2)預託金充当」双方を実施しており、売り手の方の会員権証書に記載されている預託金(額面)が幅広く流通している東名厚木カントリー倶楽部を例にまとめてみます。

◆東名厚木カントリー倶楽部(単独・共通)のキャンペーン概要
通常の名義書換料:388,800円(税込)
減額後の名義書換料:194,400円(税込)
預託金充当額の上限:100,000円

キャンペーン期間中の名義書換料194,400円(税込)に、預託金を100,000円充当した場合、名義書換料が実質94,400円で済みます。

書換料194,400円(税込)預託金100,000円=94,400円(実質名義書換料)

ここで皆様からよく質問を頂くのは「預託金とは何か?」ということです。預託金とは会員権証書に記載されている金額を指します。名義書換料の他に入会時にコースへ支払う「入会預託金」と勘違いをされる方がよくいらっしゃいますが、ここで言う「預託金」とは「売り手の会員権証券に記載されている金額(額面)」のことを指します。

前述の通り、東名厚木カントリー倶楽部の売り手の方の証券に記載されている預託金は様々です。今回は比較的流通が多い預託金98,400円と預託金55,350円を例にしてみます。

【預託金98,400円の会員権証書イメージ】

gakumen98400.jpg


預託金98,400円の会員権をご購入され、名義書換料に充当した場合は以下となります。

・減額後の名義書換料:194,400円(税込)
・預託金充当額:98,400円
→実質名義書換料:96,000円(194,400円-98,400円)

【預託金55,350円の会員権証書イメージ】

gakumen55350.jpg

預託金55,350円の会員権をご購入され、名義書換料に充当した場合は以下となります。

・減額後の名義書換料:194,400円(税込)
・預託金充当額:55,350円
→実質名義書換料:139,050円(194,400円-55,350円)

2つの預託金の会員権を比較いただくとわかる通り、預託金98,400円の会員権の方が名義書換料は安くなります。

仮に預託金55,350円と預託金98,400円の会員権が同じ価格で売りに出た場合、誰が見ても名義書換料が安くなる預託金98,400円の会員権を選ばれると思います。そうなると預託金98,400円の会員権への需要が高まり相場も変わってきます。

購入総額で比較されるとわかりやすいかと思います。

【預託金55,350円と預託金98,400円の会員権価格(例)と総額比較】

hikaku.jpg

※会員権価格は日々の市況により変動いたします。上記は2016年4月1日時点の市況から記載しております。参考値としてご覧ください。



預託金55,350円の会員権価格が5.5万円(税込)だった場合、理論上は預託金98,400円の会員権は9.8万円(税込)前後の相場になってきます。

なお、ご入会時に預託金を名義書換料に充当されますと新証券の預託金は充当額分減額されたものがコースより発行されます。預託金98,400円の会員権をご購入され、預託金98,400円を名義書換料に充当された場合には、新証券の預託金は0円(無額面)となります。



【預託金0円(無額面)の会員権証書イメージ】

mugakumen.jpg



名義書換料に預託金を充当されると、充当された金額分預託金が減額されてしまいますので、ご売却時に会員権の価値は下がることになります。しかしながら、入会時に購入総額を抑えられることもあり、購入される方皆様が本制度を利用されていらっしゃいます。


今回は流通している預託金がまちまちである東名厚木カントリー倶楽部を取り上げましたが、埼玉県の岡部チサンカントリークラブや千葉県のクリアビューゴルフクラブ&ホテル等は預託金が10万円(預託金充当されていない場合)で一定というコースもございます。

このページの先頭へ

昨年6月から始まり、今年の10月から1年間の延長が発表された大宮国際カントリークラブの入会促進特別キャンペーンですが、ご入会ご検討の方から非常に多くご質問を頂く「名義書換料への預託金(額面)充当」について記載します。

まず現在実施している大宮国際CCの入会促進特別キャンペーンを整理したいと思います。

キャンペーンの特徴は大きく2つです。以下の金額は便宜上全て正会員の金額で記載します。

【入会促進特別キャンペーンの概要】
(1)名義書換料の減額
540,000円から108,000円(税込)

(2)名義書換料への会員資格保証金(預託金)の充当制度
・減額後の名義書換料:108,000円(税込)
・預託金より充当可能な額:100,000円
・充当後の実質名義書換料:8,000円
→名義書換料に預託金を充当すると、新証券の預託金は充当額分減額されます。

まず皆様からご質問を頂くのは、「預託金(会員資格保証金)」とは何か?という点です。

ここでいう預託金(証券額面)というのは、譲渡人(売り手の方)の会員権証書に記載されている金額を指します。
 

 

okcc-gakumen20.png

(大宮国際CC会員権イメージ)
 


大宮国際CCの場合、売り手の方の会員権証書に金額(預託金=額面)が記載されており、正会員の場合、預託金20万円の証券が多く流通しております(他にも預託金23万円、25万円の物件も取り扱ったことがございます)。

「預託金」とお伝えすると、名義書換料の他に別途「入会預託金」がかかるのかと勘違いされる方もいらっしゃいますが、繰り返しになりますがここで言う「預託金」とは証券に記載された金額を指します。

大宮国際CCの現在の名義書換料は10.8万円(税込)ですが、この名義書換料(10.8万円)に預託金を最大10万円充当できるキャンペーンとなります。

【実質名義書換料】
名義書換料10.8万円-預託金10万円=0.8万円

※入会者の方にとっては名義書換料が実質消費税分で済みます。

大宮国際CCの場合、先ほど預託金20万円の会員権が多く流通していると記載しましたが、預託金20万円の会員権を購入され、名義書換料に預託金を10万円充当されますと新証券の預託金は10万円に減額されることになります。

【新証券の預託金金額】※預託金20万円の会員権を購入された場合
預託金20万円-預託金10万円充当=10万円
 

 

okcc-gakumen10.png

(預託金10万円の会員権証書のイメージ)
 


預託金を名義書換料に充当されますと、充当額分預託金が減額されるため、新証券の価値は下がることになりますが、入会時の購入総額が減額されるため、ほとんどの方が預託金を充当されていらっしゃいます。

大宮国際カントリークラブの入会促進特別キャンペーンは今のところ2016年9月30日までの期間限定となっていますが、今後本キャンペーンが継続された場合、預託金20万円の会員権と預託金10万円の会員権(一度預託金充当された会員権)とでは同じ大宮国際CCのゴルフ会員権でも相場が異なることが予想されます。弊社では今のところ預託金10万円の会員権の取り扱いはそれほど行ったことはございませんが、今後市場には預託金(額面)10万円の会員権証券も多く流通してくるものと思われます。

 

入会者の方にとって、預託金20万円の会員権であろうと、預託金10万円の会員権であろうと、名義書換料への預託金充当額上限が10万円のため、購入総額は変わりません。しかしながら、預託金10万円の会員権を購入され、名義書換料への充当を行うとご入会後に発行される新証券の預託金は0円(無額面)に減額されることになります。

 

仮に現在のキャンペーンが今後も継続した場合、預託金0円(無額面)の会員権を今後市場でご売却される場合、次にご入会される方が名義書換料(10.8万円、税込)への預託金充当ができなくなります。



そのため、ご購入頂く際は売り手の方の預託金(証券額面)がいくらかを必ずご確認頂くのが宜しいかと思います。

弊社では現在流通量の多い預託金20万円以上の会員権を基準に大宮国際カントリーの会員権相場を掲載しています。

このページの先頭へ

千葉県のイーグルレイクゴルフクラブに行ってきました。

東関東自動車道・成田インターチェンジから14km、約25分で到着します。近くには同じPGMの京カントリークラブがあります。
 

clubhouse-eaglelake.JPG


コースに到着してまず視界に入ってきたのが、グレーの屋根と白を基調とした2階建てのクラブハウスです。小ぢんまりとした造りではありますが、クラブハウスに入ると吹き抜けの天井から自然光が取り入れられており、照明はオレンジの間接照明、床は木の温もりを感じさせるフローリングで柔らかい雰囲気に包まれていました。
 

clubhouse2-eaglelake.JPG


中央にはレンガで造られた暖炉があり、吹き抜けの天井を見上げるとシーリングと大きなシャンデリアが目に入ります。フロアにゴルフ用品が売られているのを除けば、おしゃれな洋館のような趣がありました。

このコースは2008年の5月末にオープンし、アメリカンカジュアルをコンセプトとしているそうです。クラブハウスの雰囲気からして、従来のメンバーコースとは異なる印象を受けました。ゴルフバッグの積み下ろしも完全セルフで、プレーヤー自身が行うスタイルです。
 

clubhouse4-eaglelake.JPG


30代~50代の若手ゴルファーをターゲットとしており、仲間あるいは夫婦で気軽にゴルフを楽しむことができそうです。館内には90年代の洋楽が流れ、レストランに併設されたオープンテラスではバーベキューも楽しめます。レストランから練習施設が見える珍しいレイアウトになっており、朝食を食べながらコーヒーを片手にラウンド前の練習風景を眺めることができます。バブル期に造られた豪華で重厚感のあるクラブハウスではありませんが、シンプルながら肩肘張らず居心地がいい空間を目指しているように感じました。

 

 

clubhouse3-eaglelake.JPG

 

コースは全18Hで6,323Y(Back)、距離は短いです。
OUTコースは林間コースの趣があり、各ホールが変化に富んだ造りになっています。緩やかなアップダウンの中、全体的にフェアウェイが絞られるホールが続きます。グリーン周りにバンカーが多く配置されているため、ドライバー、アイアン共に精度が求められるコースです。INはレイクサイドコースの趣があり、9ホール中6ホールで池が絡みます。大きな池を挟んだNo.13とNo.14の景観は美しく、とても気持ちよくプレーができました。
 

out-eaglelake.JPG


ラウンドしてみて印象に残ったことは、湖畔を想起させる景観美もさることながら、グリーン周りに配置されたバンカーの多さです。ティグランドから眺めると一風変わったレイアウトにうまく呼応したバンカーが、ショットにプレッシャーを与えています。

 

in-eaglelake.jpg


「距離が短く神経を使う」という点ではゴルフ場には不向きなレイアウトかもしれませんが、神奈川県のゴルフ場ではよくある光景です。

ドライバーを思い切り満喫されたい方には物足りない部分もあるかもしれません。しかし、与えられた地形を活かして設計された全18Hは、ティグランドからだけではホール全体を掴みづらい造りとなっており、刺激的に感じました。

練習施設の充実も特筆すべき点です。4,000㎡を誇るアプローチエリアには砂質の異なるバンカーが2つ、グリーンも2面ありメンバーになると無料で施設を利用することが可能です。また、レッスンプログラムが充実しており、18ホールのラウンドレッスンプランもあるそうです。

 

practice-eaglelake.JPG


イーグルレイクGCはPGMが初めてオープンを手掛けたコースで、オープンしてまだ10年経っていませんので、所謂伝統や格式のあるメンバーコースではありません。これから本格的なメンバーコースとしてイーグルレイクを作り上げて行こうという方が多いそうです。

入会条件として推薦人の確保や同伴プレー等、格式ばった事はありませんし、アメリカンカジュアルをコンセプトに敷居が高くなく、Welcomeムードがあります。また、会員数がまだ少ないため、予約が取りやすいことは大変大きなメリットになります。プレーした日は2サムでラウンドされているご夫婦の方も多く見受けられました。現メンバーは、千葉市や東京都東部(江東区、江戸川区、葛飾区、墨田区等)にお住まいの方が多いそうです。
 

in2-eaglelake.JPG


イーグルレイクゴルフクラブでは現在市場での名義書換も行っています。まだメンバー数が少ないため流通量は圧倒的に少ないですが、2015年12月末までのキャンペーン期間内であれば初回のみ名義書換料が無料になります。また、コースでも新規会員募集を行っており、2名以上の同時入会であればお一人30万円(税別)で入会できますのでコスパは高いと思います。

メンバーフィ(セルフ、4バッグ)が平日1,800円とびっくりの値段です。土日祝日5,830円(利用税&消費税別)とリーズナブルなのも追記したい点です。

予約:◎
コース:△(好き嫌いが分かれる?)
練習施設:◎
費用:◎
アクセス:○
雰囲気:◎
経営:◎

夫婦やカップル、あるいはご友人間でちょっとおしゃれなコースをお探ししている方にはぴったりのコースかと思います。

 

 

イーグルレイクゴルフクラブ(千葉県山武郡芝山町境字五丈201)

このページの先頭へ

久しぶりに山梨県の中央都留カントリー倶楽部へ行ってきました。

今回の訪問目的は圏央道の実地検分ですが相模原の橋本から圏央道相模原インターチェンジまでまっすぐな道が延び中央高速へ非常に行きやすくなりました。

2,3年前のナビには道が表示されておらず、完成は今年の3月29日です。

相模原から大月ICまで1,160円、都留IC迄1,320円です。

都留ICの方が中央都留CCに近いのですが、大月ICからでもそれほど遠い感じはしません。中央高速は週末という事もありやや混んでいましたが、インターチェンジを下りてからは空いていました。

首都高を使わないためか千葉県、茨城県に行くよりも安く感じます。

今回橋本にお住まいの方と一緒にラウンドしましたが厚木の本コースには行かずついこちらへ来てしまうとの事でした。道路事情が良くなったのと中央都留CCの方がスムーズに予約が取れるとの事です。

最近、東名厚木カントリー共通会員権のニーズが増えて来た感じがしていたのですが、やはり道路事情が大きな要因と思います。

もう一つ大きなお薦めポイントは、中央都留CCだけですが「利用者登録」が可能なことです。同居家族でしたら1名登録可能でメンバーフィでラウンド可能です。(追加年会費なし)。

東名厚木CCは競技中心、中央都留CCは夫婦で楽しむなどという使い方が可能です。

プレー費用が安いのも魅力です。メンバーセルフで6,448円(税込・食事別)、2人で13,000円以下という有難い金額です。オフシーズンには更に割引もあるそうです。

コースはアップダウンがありますがカートなので気にならず、広々したホールもいくつかあり東名厚木カントリー倶楽部のアウト、インと比べても距離はやや短くなりますがそれほど遜色ない感じです。

芝付はよくグリーンもきれいでした。時々ですが富士山がきれいに見えるのが何よりです。
 

clubhouse-chuoutsuru.jpg


現在中央都留CCでは新規会員募集(10万円、税別、2015年8月現在)を行っております。また、東名厚木カントリー倶楽部共通会員権をご購入されれば両コースメンバーとして利用も可能です。

年会費に差があるため(年間で1.2万円(税別))共通会員権に比べ東名厚木CC単独会員権の人気は根強いのは確かです。ただ、共通会員権をご購入され、たまには涼しい中央都留CCでプレーを楽しむという楽しみ方もあるかと思いました。


東名厚木カントリー倶楽部・共通会員権相場

このページの先頭へ

常磐自動車道・土浦北インターチェンジから19Km、約25分で到着。
三郷ICから1時間圏内のゴルフ場です。

茨城のコースにありがちな平坦で見晴らしの良い広々としたコースと思いきや、確かに平坦ではありましたが大きな赤松にセパレートされた林間風コースでした。ただ林間コースといっても往ったり来たりの単調なレイアウトではなく色々変化はありました。
 

naka09-kasumigauraogm.JPG

※中コースNo.9(ラスト2ホールはタフなPar5が連続します)


崖、谷、ブッシュなどが極めて少ないオーソドックスな林間コースと言っていいと思います。

ティーグランド周りも広くゆったりしていて、ティーショット時のプレッシャーが少ない印象でした。ボールが全然なくならなかったのも偶然ではなさそうです。
 

higashi01-02-kasumigauraogm.JPG

※東コーススタートホール


中コース&東コースが一番コースレートが高い様ですが南も極端に短いわけではなく、3コースそれぞれの面白さがあるようです。
 

minami08-kasumigauraogm.JPG

※南コースNo.8(1打目左に広がる大きな池)


練習場はネットで囲われているため、やや物足りませんが、アプローチ練習場も併設されています。

プレーした日は土曜日でしたが、午前中2時間15分、昼休み1時間10分、午後2時間30分とまあ順調でした。

ネットゴルファーもどんどん受け入れているようですがうまくコントロールしているのか、ボール探しの時間が少ないのか詰まった印象はありませんでした。

一緒に回ったメンバー(旧経営時代からの会員)お二人によれば
・オリックスグループになってから来場者が増えたけど3時間かかったりしたことはない。今日(プレー当日)は昼休みがいつもより長い方
・オリックスグループになって、メンバーとして特に不利益になった事はなくコース整備も格段に良くなった
・一人ならいつでもできるのでありがたい

食事付、ワンドリンク(アルコール含む)付きで9,000円、メニューも思いのほか多く追加料金を払えば選択肢も多い感じです。
スタッフも感じよくてきぱきとしていました。
 

clubhouse2-kasumigauraogm.JPG

※コンパクトながら自然光が取り入れられ明るく開放的なレストラン


コース、売店、レストラン、サービスなどで特別驚くような事はありませんでしたが
「当たり前といえば当たり前のことを普通にオペレーションしている」
そんな印象を強く持ちました。

チェックイン、チェックアウトの機械化などはやや遅れている感じでしたが、経営方針として少人数オペレーションによるサービス低下を避けているのかもしれません。マーシャルも本当に良く見かけました。

競技は毎月1回でAクラスはHC14以下だそうです。神奈川県のゴルフ場ようにAクラスはHC9以下で200人参加というようなことは地域柄なさそうです。

かすみがうらOGMGCの会員権相場は2014年10月上旬現在5 ~10万円、書換料が27万円(税込、2014年年末までの期間限定キャンペーン)なのでトータル約35万円前後の予算です(※変動の可能性有)。

アクセスもまあまあ良く、本格的林間コースで一人なら全く問題なくプレーが出来、受け答えやサービスもよく、ハーフ3時間かからず、年会費も全27Hで25,920円と安い。

毎週(月4回)プレーしても飲食付きでも36,000円とリーズナブル、かつ入会するのに紹介者も不要。

言ってみれば「当たり前」のような内容も、意外とそうでないコースが多いので逆に希少価値があるのかもしれません。

ゴルフ会員権ビギナーの方にはもってこいのコースではないでしょうか。もちろん多くのゴルファーにとっても適していることは「当たり前といえば当たり前」ですが。

かすみがうらOGMゴルフクラブ(茨城県かすみがうら市田伏5136)
アクセス:常磐自動車道・土浦北インターチェンジから車で約25分(17km)

このページの先頭へ

プロフィール

グローバルゴルフネット株式会社
代表取締役社長 坪井 繁幸