[トピックス]トピックス一覧

東名厚木カントリー倶楽部(単独・共通)名義書換料の改定

(2017年03月31日)

東名厚木CCでは2017年4月1日から2018年3月31日まで名義書換料を改定する。

単独・名義書換料
(正会員)180,000円から198,000円
(平日会員・月~金)90,000円から100,000円

共通・名義書換料
(正会員)180,000円から198,000円

なお、2017年4月1日から名義書換料への預託金充当額上限額は撤廃され、購入された東名厚木CC会員権の預託金の全額もしくは一部を名義書換料に充当可能になる。(名義書換料の消費税は預託金から充当することはできない)


東名厚木カントリー倶楽部(神奈川県愛甲郡愛川町三増2607)
都心から1時間、厚木エリアにあるPGMのゴルフ場。OUT,IN,WESTの27Hからなり、丘陵コースながら雛壇状にコースが造成されているためそれほどアップダウンはありません。OUT→INコースはフェアウェイが広いホールが多いため、予約の人気が集中します。OUTスタート1番は打ちおろし左ドッグレッグのタフなロングホールでスタートします。INはNo.11が豪華な打ちおろしミドルですが、その他は比較的平坦なホールが続きます。WESTコースはOUTとINとは趣が異なりフェアウェイが絞られるホールが多く正確なショットが求められます。圏央道・相模原愛川ICと相模原ICが開通したことにより、東名高速からのアクセスも利便性が高まりました。地元の厚木市はじめ相模原市や町田市、横浜市在住の方に人気があるコースです。

東名厚木カントリーの会員権は東名厚木CCのみ利用可の「単独」会員権と山梨県の中央都留CCもメンバーとして利用できる「共通」会員権の双方が流通しています。「単独」と「共通」の差異は利用対象コースの違いと年会費(単独:36,000円、共通:48,000円)のみです。