ゴルフ会員権ネットブログ スマートゴルフを目指して

2013.08.26
5倍の差

土曜日に某県の某ゴルフ場をラウンドしました。すぐ近くにあるゴルフ場はよくお取扱いさせていただきますが購入総額はなんとそのゴルフ場の5倍近くします。

ファミリーレストランとホテルのレストランで料金の差が3~4倍と考えるとちょっとびっくりする位の差額です。

以下率直な思いつきのままの印象です。
・地形が同じせいかコースレイアウトは大して変わらない、むしろ短くトリッキー
(これはレストランの比較で例えると料理自体が大して変わらずむしろファミリーレストランの方が美味しいということ?)
・ラウンド時間2時間20分、昼休み1時間5分(いつもはもっと早い由)
・若い世代のゴルファーが少ない
・クラブハウス内に所狭しと並ぶクラブやウェアの販売はなし
・来場者も落ち着いたシニアが圧倒的

気になった点
・自動精算機やカードチェックインなど最新のシステムが導入されていない
・スタッフが多い
・コースやグリーンのメンテナンスに差異はない
・フロント、食堂など高級感はない

落ち着いたクラブライフ、メンバーライフを楽しむにはちょうどいいコースという印象でした。無理に詰め込んでいる感じはありません。

ただネットゴルファーの予約を受け付けず、メンバー優先で普通にオペレーションをすればコースや施設、レストランが同等でも購入総額5倍になるというのがどうしても腑に落ちません。

おそらく昔からの経緯やメンバー数の違いなどが起因している部分もあるのではと思いますが先入感のない若いゴルファーにはまったく理解不能だろうと思います。

明らかな違いはあるがはたして購入総額5倍の差があるか、そこがゴルフ会員権の難しさだろうとつくづく思わされたラウンドでした。

このページの先頭へ

ニューヨーク州ピッツフォードローカストヒルCCで開催されていた今シーズンメジャー第二戦「全米女子プロ選手権(ウェグマンズLPGA選手権)」は韓国の朴仁妃がプレーオフの末、イギリスのカトリオーナ・マシューを下し優勝。朴仁妃は4月に行われたメジャー初戦のクラフト・ナビスコ選手権も制しており2連勝、開幕からのメジャー連勝は2005年のアニカ・ソレンスタム(スウェーデン)以来です。

少し気が早いかもしれませんが、年間メジャー総なめという夢のような記録の期待もかかります。開幕戦のホンダLPGAタイランドを制してから今シーズン既に4勝、うちメジャー2勝ですから勝負強さは抜群で一昨年のヤニ・ツェンのような勢いがあります。

2013年から毎年9月にフランスで行われているエビアン・マスターズが第五のメジャーツアーになりますが、それまでのUS-LPGA四大メジャー優勝者を2011年から振り返ってみました。

【クラフト・ナビスコ選手権】
2011年 ステーシー・ルイス(アメリカ)
2012年 ユ・ソンヨン(韓国)
2013年 朴仁妃(韓国)

【全米女子プロゴルフ選手権】
2011年 ヤニ・ツェン(台湾)
2012年 フォン・シャンシャン(中国)
2013年 朴仁妃(韓国)

【全米女子オープン】
2011年 リュー・ソヨン(韓国)
2012年 チェ・ナヨン(韓国)

【全英オープン】
2011年 ヤニ・ツェン(台湾)
2012年 申智愛(韓国)

直近10回のメジャー優勝者を国別で見ると、韓国6勝、台湾2勝、中国1勝、アメリカ1勝とここ2~3年は完全にアジア勢の強さが際立つUS-LPGAツアーとなっています。アジア勢の中に日本人選手の名前がないのは残念ですが、今年は宮里藍、宮里美香、上田桃子、有村智恵、上原彩子と国内ツアーでもトップクラスの選手が常時参戦していますしもう少しの辛抱だと思っています。

朗報なのは先ほど第五のメジャーツアーと記したエビアン・マスターズがメジャーに昇格したこと。

開催されるエビアン・マスターズゴルフクラブは距離もそれほどなく日本人選手に有利(2009年、2011年宮里藍優勝)。テレビに映し出されるレマン湖を背景にしたゴルフ場の景観は、昨年全英女子オープンの舞台となったロイヤルリバプールのような荒々しさはなく、むしろ日本の名門コースのような趣があります。

次のメジャーは6月末に開催される第三戦の「全米女子プロゴルフ選手権(ニューヨーク州、セボナックGC)」。樋口久子以来の36年ぶりの海外メジャー制覇の期待がかかります。

このページの先頭へ

5月から連載をしていた日経新聞の岡本綾子-私の履歴書が先週で最終回を迎えました。

日本を代表するプロゴルファーの半生を毎日楽しく読ませてもらいました。

私の履歴書と言えば政界や経済界あるいは文化が登場することが多い印象がありますが、スポーツ選手による執筆は昨年8月のマラソン銀メダリストの君原健二氏以来です。

5月1日の「私の人生は土に戻るんだ。」という現在の半農半ゴルフの日々の紹介から始まり、そのあとは兄2人の末っ子として育った幼少時代に話が移ります。ままごと遊びが嫌いで小さい頃は男の子に交じって田畑や山を駆けずりまわり、家の前のため池の食用ガエルも平気で食べたと書かれてあります。プロゴルファーとしての抜群の勝負強さはこのころ育まれたのかもしれません。

幼少期に培われた勝負強さ、体のバネ
また、幼少期は一家総出で実家の農業を手伝っていたそうです。「20キロのジャガイモのコンテナボックスを肩に担いだ」、「井戸から大きなバケツに水を汲んで五右衛門風呂を沸かした」など、日常生活を通じて体幹が鍛えられていったのでしょう。

中学入学後はソフトボール部に入部しすぐに投手として指名され、サウスポーの速球派投手として活躍。左投げのため、ソフトボール部顧問の先生からは左打ちの指導を受けていたようですが、中学のラストゲームで「右で打たせてほしい」と頼み込んだらホームラン。この時点で左投げ右打ちの変則パターンが確立されていたようです。当時はゴルフも右打ちが主流だったはずで、当時もし右打席でホームランを打っていなかったら、左投げ左打ちになっていたかもしれず、プロゴルファー岡本綾子は誕生していなかったかもしれません。

たまたま始めることになったゴルフ
高校はソフトボール特待生として愛媛県の今治明徳高校に入学。練習の厳しさが半端ではなかったようで、エース兼主将に任命された後もソフトボールにはうんざりしていたようです。人間関係に悩んだのも高校時代が初めてで、卒業後はソフトボールを離れて大学進学を希望したそうですが監督に一括され、また父親からも説得され、嫌々ながら大和紡に入社。この大和紡入社が岡本綾子の人生を大きく変えるターニングポイントとなります。

国体で優勝し、大和紡の瀬戸社長に連れて行ってもらったハワイで海外生活へのあこがれを抱き、またこの時初めてハワイのゴルフ場に足を踏み入れています。

ただ、大和紡でも主将となり、後輩部員への対応などでずいぶん神経をすり減らしたようです。「(高校時代)主将に命ぜられたがそんな柄ではない、・・嫌々ながら引き受けざるを得なかった」、「私は人を引っ張るのが苦手」、もともとチームプレーは向いていないタイプだったのかもしれません。

嫌気の差したソフトボールを退部し、しばらくぶらぶらしていたところに言い渡されたのが工場に隣接したゴルフ練習場の勤務。これがプロゴルファー岡本綾子誕生の機会となりました。私の履歴書全般を通じて、大和紡や関係者のサポートへの感謝の言葉が節々に出てきます。

その後池田カンツリー倶楽部で研修生になったときは22歳、周囲からはちょっと遅いと言われたそうですが、ここからは水を得た魚のように仕事の合間を縫っての猛練習が始まります。

トッププロならではのエピソード
私の履歴書を読んでいて唸ったのは、‘1分1秒を惜しんでボールを打つ集中力’と‘深い洞察から紡ぎだされた創造性’です。「セベ・バレステロスや中嶋常幸選手ら5、6人のスイングで、気に入った部分を切り取ってつなげた連続写真を作り、頭の中にインプットした」は一例ですが、常に理想を求め考え続けるプロとしての姿勢があります。

また、トッププロになる過程でぶち当たる個々の事象も赤裸々に記載されています。プロ1年目初優勝を飾った美津濃トーナメントでの樋口久子との駆け引き、真意とは異なるマスコミ報道への違和感、女子プロ協会への不信、トッププロのみが感じる極限のプレッシャー等々。昔の手帳には「ゴルフに関するメモよりもあれこれ書いているのは人間関係のこと」だったそうです。

文章の節々にプレーヤーとしての繊細な部分も見え隠れします。「日本でも米国でも(プロテストは)2度目での合格」でしたが、「自分の中にある弱さ」からくる「びびり、恐怖心」は二度と経験したくないとのこと。「びびり」の症状はその都度異なり、各ツアースタートホールの時もあればバックナインの10番に入った時、8番のティーショットの時など、全てプレッシャーの色合いは異なるそうです。

アメリカツアー参戦時のエピソードも面白いものがあります。同じ組の選手がプレー中にキャディーに小切手を書いてクビ宣告をし、ロープ外のギャラリーにバッグを担がせたこと、試合中にアルコールを飲みながらプレーする選手がいたこと、同伴競技者に人種差別を受けたことなど、非常に興味深く読みました。また、海外ツアー参戦後日本ツアーでは考えられないようなエピソードの数々も記載されています。


何度もチャンスがありながら勝てなかった海外メジャーツアー
海外では残念ながら勝てずじまいで「しょせんは日本の岡本綾子かあ」とも思ったそうです。何度もメジャー戴冠のチャンスを目の前にしたものの、そのチャンスをつかむことはできませんでした。運がなかったのかもしれません。

 

メジャー6大会を含む通算31勝を挙げ、岡本とメジャーで何度も優勝争いをしたパット・ブラドリーとのプレー中の駆け引きや心理戦の記述も非常に面白い内容でした。精神的にタフなイメージがあったブラドリーですが、後年当時アルコール依存症だったことを岡本に告白しています。この2人共に現在62歳でパット・ブラドリーが1951年3月24日生まれで、岡本綾子が1951年4月2日生まれと、生年月日がほぼ1週間しか違いません。

海外メジャーでは勝てませんでしたが、優勝回数62回(国内44回、米ツアー17回 欧州ツアー1回)、USLPGA賞金女王1回(1987年)は燦然と光り輝く成績です。日本を代表するプロゴルファーの宮里藍が米ツアー9勝(2013年5月現在)ですから、この記録がいかにすごいものであるかがわかります。

5人の門下生の活躍
「リーダーシップをとる性格ではないし、協調性を欠くところもある私が5人も面倒をみるとは・・・」。最近5人の門下生(服部真夕、森田理香子、青山加織、表純子、若林舞衣子)の師匠としてがぜん注目を集める岡本綾子ですが、奇しくも昨日比嘉真美子が優勝したリゾートトラストレディス(関西ゴルフ倶楽部)では4位までに4名の門下生がランクインしました。2位、服部真夕、3位、森田理香子、4位タイ、表純子&若林舞衣子。

今年は森田理香子が賞金ランキングトップを走っていますし、弟子たちの活躍が目立っています。岡本綾子自身は海外メジャーには手が届きませんでしたが、いつかは弟子たちが海外メジャー勝利、という夢も続きます。
 

このページの先頭へ

男子ゴルフのゴルフ日本シリーズJTカップ(東京よみうりカントリークラブ)では43歳藤田寛之が前人未到の大会3連覇を飾り、今シーズンのJGTOツアーが終了しました。既にLPGAツアーも先週で終了していますので、今シーズンの国内ツアーは全て終了したことになります。

女子のLPGAツアーでは2012年賞金女王は全美貞、2位には最終戦のLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップを制したイ・ボミが入り上位2位は韓国勢でした。全35戦中日本勢15勝・韓国勢16勝で、5月初旬のワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ(茨城ゴルフ倶楽部西コース、アン・ソンジュ優勝)以降、6月中旬開催のニチレイレディス(袖ヶ浦カンツリークラブ新袖)まで7週連続外国人選手の優勝という時期が続きました。

年間の主要部門別ランキング(平均ストローク、パーオン率、平均パット数、パーセーブ率、イーグル数、平均バーディー数)でも実に6部門中5部門が外国人選手トップと今年もその強さが目立ちました。日本人がトップに立ったのは「イーグル数」の森田理香子のみです。

賞金ランキングをまとめてみました。
1位:全美貞(韓国) 30試合4勝
2位:イ・ボミ(韓国) 26試合3勝
3位:有村智恵(日本) 26試合3勝
4位:アン・ソンジュ(韓国) 24試合3勝
5位:佐伯三貴(日本) 31試合2勝
6位:フォン・シャンシャン(中国) 11試合3勝
7位:森田理香子(日本) 34試合1勝
8位:李知姫(韓国) 26試合2勝
9位:朴仁妃(韓国) 11試合1勝
10位:服部真夕 34試合1勝
※以下20位までの日本人選手
11位:横峯さくら(0勝)、12位:笠りつ子(1勝)、13位:吉田弓美子(1勝)、14位:茂木宏美(0勝)、16位:不動裕理(0勝)、19位:井斧美保子(0勝)、20位:若林舞衣子(1勝)

上位の日本人選手のうち有村智恵は来年アメリカツアーへの挑戦を表明しています。今年10位以内に入った佐伯三貴、森田理香子、服部真夕には来年の日本ツアーを牽引する活躍が期待されます。

ツアー上位20位までの日本人選手を挙げましたが、その中で目立つのは岡本綾子門下生の選手たち。上位20位の中に森田理香子、服部真夕、若林舞衣子の3名がランクインしています。岡本綾子を師と仰ぐ弟子は現在5名で他には青山加織、表純子と錚々たるメンバーです。

岡本綾子と言えば世界ゴルフ殿堂入りしている日本を代表するプレーヤーで、国内ツアー44勝、アメリカツアー17勝、ヨーロッパツアー1勝と凄い成績を残しました。現在は自宅のある広島県で半分農作業半分ゴルフの生活を送っている様ですが、弟子の数が増え今後も岡本綾子門下生入りを熱望する選手も出てくるのではないでしょうか。

指導の特徴は各選手の個性・強みを活かした的確なアドバイス。また、プロとしてメンタル面でのアドバイスによる影響も大きいようです。岡本門下生のエースになりつつある森田理香子の賞金ランキングは2010年28位→2011年21位→2012年は一気に5位と急上昇しています。1m64cmの恵まれた体格からドライバーショットは飛距離250ヤード以上を誇ります。岡本綾子のアドバイスによるものでしょうが今年は天性の飛距離を活かし、年間イーグル数11回という記録を打ち立てました(2位は福嶋浩子6回)。

デビューから指導している服部真夕のランキングは2010年17位→2011年13位→2012年10位と森田と同じく毎年ランキングを挙げています。服部は今シーズン1勝(アースモンダミンカップ、カメリアヒルズカントリークラブ)でしたが、10位以内に入ったツアー数は15試合と上位争いの常連でした。毎ツアー前後で岡本綾子からの的確なアドバイスがあった結果でしょう。

服部真夕の同期の若林舞衣子も今年岡本綾子ファミリーに入門してシーズン1勝(西陣レディスクラシック)を挙げました。若林の前回優勝は2008年のSANKYOレディース以来ですから実に3年ぶり。弟子入りしてさっそく結果を出しました。

岡本綾子門下生の年齢は、森田理香子(22歳)、服部真夕(24歳)、若林舞衣子(24歳)、青山加織(27歳)、表純子(38歳)と比較的若手の選手が揃っています。特徴は選手個々の個性に合わせた指導方法。各選手の性格をしっかり見抜いてその選手にあった言葉やスイングを教えているそうです。

 

選手を誉め長所を伸ばし、なおかつ時間をかけて指導する。そのため、門下生たちの人数は5名が限度のとのこと。韓国人選手の育成方法にスポットが当たりがちな昨今ですが、着実に結果を出しつつあり将来性豊かな選手が揃っている弟子たち。岡本綾子の指導方法が今後注目されてくるに違いありません。
 

このページの先頭へ

戸塚カントリー倶楽部西コースで開催されているキャノンオープン2012の最終日を観戦してきました。日本女子オープン(横浜カントリークラブ)か ら2週連続して神奈川県横浜市での開催です。先週と今週のツアー観戦を梯子されるゴルフファンの方も多いのではないでしょうか。

戸塚カントリー倶楽部は名匠、井上誠一設計コースとあって、4日間戦い抜くにはハードな設計です。全長は7,191ヤードを誇り、コース全体に気品あるアンジュレーションがあります。また、場内には約2万本と言われる松や桜がありコース全体の風格を醸し出します。

こ こ2年のキャノンオープンは2010年横田真一が優勝、2011年は当時39歳の地元神奈川出身の久保谷健一が9年ぶりの優勝を果たしています。横田と久 保谷は同級生でベテランが意地を見せたここ2年間です。昨年は石川遼も優勝争いに加わったことで、4日間合計で約42,000人が戸塚カントリー倶楽部に 来場しました。毎年3連休の時期に開催されるのも影響があるかもしれません。

キャノンオープンが始まったのは2008年からですが、 2005年には日本女子オープンゴルフが戸塚カントリー倶楽部で開催され、宮里藍が優勝しています。この時のギャラリー来場者数は21,018 人で今でも記録として残っています。これだけの人数を集客できるのは戸塚カントリー倶楽部の立地の良さが挙げられます。横浜市の市街地の中によくこれだけのコースがあるなという印象です。ツアー時にはJR東戸塚駅と相鉄二俣川駅から送迎バスがひっきりなしに出ています。
 

canonopen2012.jpg



2012年最終日は史上最年少でのツアー10勝目を目指す池田勇太が単独首位で、2位タイには石川遼、黄重坤、手嶋多一が2打差追いかける展開で始まりました。特に池田勇太、石川遼がいる最終組は注目が集まります。

池田勇太の優勝となると昨年の7月のサン・クロレラ クラシック(小樽カントリー倶楽部)以来。石川遼が優勝となると意外かもしれませんが、2010年三井住友VISA太平洋クラシック以来で、手嶋多一は優勝となると実に5年ぶりとなります。

昨日の夜からの雨と午前中は小雨が降っていた影響で若干来場者数が減ったのかもしれませんが、それでも池田・石川・手嶋の最終組は非常に多くのギャラリーがついて回り後半は先回りして観戦場所を確保しておかないとプレーが見られないほどでした。

結 果は、初日から首位を守り通した池田勇太がプレッシャーのかかる中スコア69でまとめ2009年以来のキャノンオープン制覇となりました。池田勇太は今 シーズン初優勝となり、優勝賞金3,000万円が加算されますので一気に賞金ランキング2位に浮上しました。最終18Hでは午前中の雨も止み、秋の日射し が出てきたので観戦していて非常に気持ちが良かったです。

キャノンオープンが毎年開催される戸塚カントリー倶楽部は国内屈指の名門コースです。2012年10月現在、神奈川県のゴルフ会員権相場で取引中心値1,000万円を超えているのは戸塚カントリー倶楽部と磯子カンツリークラブ、そしてレイクウッドGCぐらいです。

 

戸塚カントリー倶楽部ゴルフ会員権相場

過去にも数々のメジャーツアーの舞台となり、ゲーリー・プレーヤーは「戸塚のグリーンは世界No1」と評しています。10月1週目のこの時期に毎年開催されるようになったキャノンオープンを来年も楽しみにしたいです。


※参考
神奈川県会員権相場
 

このページの先頭へ

プロフィール

グローバルゴルフネット株式会社
代表取締役社長 坪井 繁幸