1. ゴルフ会員権ネットTOP>
  2. ゴルフ会員権の相続>
  3. 相続したゴルフ会員権を名義書換

ゴルフ会員権の相続

取引手数料が9,990円(税込)から 売り買い同一価格による取引 インターネットを中心としたスマート取引
  • ゴルフ会員権の相続
  • 市場で売却
  • 名義書換を行いプレー

相続人が名義書換を行いメンバーとしてプレーする場合

ゴルフ会員権を相続した方がゴルフをする場合、被相続人から名義書換を行えばメンバーとしてプレーすることができます。

父親(被相続人)のプレーしていたコースで自分もメンバーとしてプレーしたい。

※ゴルフ会員権の名義書換、名義書換料とは
ゴルフ会員権は有価証券ではなく債権(一部の株券除く)で、ゴルフ会員権を所有するだけではその権利が保障されません。そのためゴルフ会員権(無記名式ゴルフ会員権)の所有者を変更する名義書換手続きが必要になります。
「名義書換料」は新たに所有する方がゴルフ場に対して支払う費用のことです。この「名義書換料」はゴルフ場によって異なり、相続時の名義書換料は通常取引時の名義書換料(市場での第三者間による取引)よりも安く設定されているケースもあります。
「名義書換料」は市場で取引されているゴルフ会員権相場とは別にかかる費用で、ゴルフ場にとっては主要な収益源となります。

相続人がメンバーになるまでの流れ

  • STEP1 お客様に行っていただくこと:必要書類の提出
  • STEP2 ゴルフ会員権ネットが行うこと:入会審査
  • STEP3 お客様に行っていただくこと:名義書換料の振込
メンバーとしてプレー
ゴルフ場の名義書換料着金確認後、メンバーとしてプレーが可能となります。後日ゴルフ場よりゴルフ会員権証券やネームプレートが相続人宛に到着します。

STEP1 名義書換のためのゴルフ場所定用紙への記入、必要書類の準備

ゴルフ会員権を相続する場合は通常ゴルフ場毎に名義書換のための所定用紙があります。また、相続に関する必要書類(戸籍謄本もしくは除籍謄本、相続同意書、印鑑証明等)も準備しゴルフ場に提出します。

詳しくはゴルフ場にお問い合わせいただき必要事項をご記入の上ご提出ください。

STEP2 ゴルフ場による入会審査

ゴルフ場が規定している入会条件により名義書換がスムーズに行われるか否かはゴルフ場の方針によります。入会条件には年齢、クラブ在籍者による紹介、他ゴルフクラブ在籍有無などがあります。相続の場合にはそうした諸条件が免除されるケースもありますが、相続人の方がゴルフ場の諸条件を満たせない場合、入会承認が下りないこともあります。

STEP3 承認後名義書換料の振込

ゴルフ場指定の名義書換料をゴルフ場に支払います。名義書換料は会員種別(正会員、平日会員、週日会員、婦人会員等)によって金額が異なります。また、相続による名義書換の場合は通常の名義書換料よりも割引されるケースもあります。

相続税について

ゴルフ会員権を相続した場合に相続税がかかります。

相続したゴルフ会員権は相続財産総額の一部となり、市場で取引相場がある場合※通常取引相場の70%に相当する額が相続税算出時の評価額となります。評価額はゴルフ会員権業者に確認するのが一般的です。

※市場での取引相場がない場合
市場で取引相場がない場合は預託金を基準に評価額を算出します。

その他の「ゴルフ会員権の相続」のページを見る