[トピックス]トピックス一覧

オリックス・ゴルフ・マネジメントをMGKパートナーズが取得

(2018年11月15日)

オリックス株式会社は、2018年11月14日に1986年にゴルフ事業を開始し、国内39カ所のゴルフ場と2カ所のゴルフ練習場を運営する100%出資子会社のオリックス・ゴルフ・マネジメント株式会社をMBKパートナーズに譲渡するとともに、MBKパートナーズのゴルフ事業持分会社の株式持分約5%を取得することで合意したと発表した。株式譲渡及び出資実行日は2019年3月1日としている。

MBKパートナーズは、日本をはじめ東アジア地域を拠点とするプライベート・エクイティ・ファームで、ゴルフ事業では株式会社アコーディア・ゴルフを保有している。今回の譲渡により、MBKパートナーズの傘下のもとで、OGMとアコーディア・ゴルフがそれぞれ強みを生かして事業シナジーを発揮し、国内最大のゴルフ場運営会社としてのスケールメリットを最大限活用していきたいとしている。

事業譲渡の方法については、会社分割によりOGMのゴルフ事業を新会社に継承させ、当該新会社の全株式をMGKパートナーズが組成した投資目的会社である株式会社MBKP Golf Managementへ譲渡する方法を取るとしている。また、同会社に対してアコーディア・ゴルフとオリックスにて間接的に株式持分を約5%取得するとしている。

<事業譲渡の対象企業>
オリックス・ゴルフ・マネジメント株式会社(東京都港区芝2-28-8 芝2丁目ビル)

全国39カ所のゴルフ場を運営。関東の主なコース。
小名浜カントリークラブ、富士OGMゴルフクラブ出島コース、かすみがうらOGMゴルフクラブ、武蔵OGMゴルフクラブ、東千葉カントリークラブ、富士OGMゴルフクラブ市原コース、きみさらずゴルフリンクス等

<譲渡先の企業>
株式会社MBKP Golf Management(東京都千代田区永田町2-10-3)