1. ゴルフ会員権ネットTOP>
  2. ゴルフ会員権ネットブログ

ゴルフ会員権ネットブログ スマートゴルフを目指して

男子ゴルフのゴルフ日本シリーズJTカップ(東京よみうりカントリークラブ)では43歳藤田寛之が前人未到の大会3連覇を飾り、今シーズンのJGTOツアーが終了しました。既にLPGAツアーも先週で終了していますので、今シーズンの国内ツアーは全て終了したことになります。

女子のLPGAツアーでは2012年賞金女王は全美貞、2位には最終戦のLPGAツアーチャンピオンシップリコーカップを制したイ・ボミが入り上位2位は韓国勢でした。全35戦中日本勢15勝・韓国勢16勝で、5月初旬のワールドレディスチャンピオンシップサロンパスカップ(茨城ゴルフ倶楽部西コース、アン・ソンジュ優勝)以降、6月中旬開催のニチレイレディス(袖ヶ浦カンツリークラブ新袖)まで7週連続外国人選手の優勝という時期が続きました。

年間の主要部門別ランキング(平均ストローク、パーオン率、平均パット数、パーセーブ率、イーグル数、平均バーディー数)でも実に6部門中5部門が外国人選手トップと今年もその強さが目立ちました。日本人がトップに立ったのは「イーグル数」の森田理香子のみです。

賞金ランキングをまとめてみました。
1位:全美貞(韓国) 30試合4勝
2位:イ・ボミ(韓国) 26試合3勝
3位:有村智恵(日本) 26試合3勝
4位:アン・ソンジュ(韓国) 24試合3勝
5位:佐伯三貴(日本) 31試合2勝
6位:フォン・シャンシャン(中国) 11試合3勝
7位:森田理香子(日本) 34試合1勝
8位:李知姫(韓国) 26試合2勝
9位:朴仁妃(韓国) 11試合1勝
10位:服部真夕 34試合1勝
※以下20位までの日本人選手
11位:横峯さくら(0勝)、12位:笠りつ子(1勝)、13位:吉田弓美子(1勝)、14位:茂木宏美(0勝)、16位:不動裕理(0勝)、19位:井斧美保子(0勝)、20位:若林舞衣子(1勝)

上位の日本人選手のうち有村智恵は来年アメリカツアーへの挑戦を表明しています。今年10位以内に入った佐伯三貴、森田理香子、服部真夕には来年の日本ツアーを牽引する活躍が期待されます。

ツアー上位20位までの日本人選手を挙げましたが、その中で目立つのは岡本綾子門下生の選手たち。上位20位の中に森田理香子、服部真夕、若林舞衣子の3名がランクインしています。岡本綾子を師と仰ぐ弟子は現在5名で他には青山加織、表純子と錚々たるメンバーです。

岡本綾子と言えば世界ゴルフ殿堂入りしている日本を代表するプレーヤーで、国内ツアー44勝、アメリカツアー17勝、ヨーロッパツアー1勝と凄い成績を残しました。現在は自宅のある広島県で半分農作業半分ゴルフの生活を送っている様ですが、弟子の数が増え今後も岡本綾子門下生入りを熱望する選手も出てくるのではないでしょうか。

指導の特徴は各選手の個性・強みを活かした的確なアドバイス。また、プロとしてメンタル面でのアドバイスによる影響も大きいようです。岡本門下生のエースになりつつある森田理香子の賞金ランキングは2010年28位→2011年21位→2012年は一気に5位と急上昇しています。1m64cmの恵まれた体格からドライバーショットは飛距離250ヤード以上を誇ります。岡本綾子のアドバイスによるものでしょうが今年は天性の飛距離を活かし、年間イーグル数11回という記録を打ち立てました(2位は福嶋浩子6回)。

デビューから指導している服部真夕のランキングは2010年17位→2011年13位→2012年10位と森田と同じく毎年ランキングを挙げています。服部は今シーズン1勝(アースモンダミンカップ、カメリアヒルズカントリークラブ)でしたが、10位以内に入ったツアー数は15試合と上位争いの常連でした。毎ツアー前後で岡本綾子からの的確なアドバイスがあった結果でしょう。

服部真夕の同期の若林舞衣子も今年岡本綾子ファミリーに入門してシーズン1勝(西陣レディスクラシック)を挙げました。若林の前回優勝は2008年のSANKYOレディース以来ですから実に3年ぶり。弟子入りしてさっそく結果を出しました。

岡本綾子門下生の年齢は、森田理香子(22歳)、服部真夕(24歳)、若林舞衣子(24歳)、青山加織(27歳)、表純子(38歳)と比較的若手の選手が揃っています。特徴は選手個々の個性に合わせた指導方法。各選手の性格をしっかり見抜いてその選手にあった言葉やスイングを教えているそうです。

 

選手を誉め長所を伸ばし、なおかつ時間をかけて指導する。そのため、門下生たちの人数は5名が限度のとのこと。韓国人選手の育成方法にスポットが当たりがちな昨今ですが、着実に結果を出しつつあり将来性豊かな選手が揃っている弟子たち。岡本綾子の指導方法が今後注目されてくるに違いありません。
 

このページの先頭へ

戸塚カントリー倶楽部西コースで開催されているキャノンオープン2012の最終日を観戦してきました。日本女子オープン(横浜カントリークラブ)か ら2週連続して神奈川県横浜市での開催です。先週と今週のツアー観戦を梯子されるゴルフファンの方も多いのではないでしょうか。

戸塚カントリー倶楽部は名匠、井上誠一設計コースとあって、4日間戦い抜くにはハードな設計です。全長は7,191ヤードを誇り、コース全体に気品あるアンジュレーションがあります。また、場内には約2万本と言われる松や桜がありコース全体の風格を醸し出します。

こ こ2年のキャノンオープンは2010年横田真一が優勝、2011年は当時39歳の地元神奈川出身の久保谷健一が9年ぶりの優勝を果たしています。横田と久 保谷は同級生でベテランが意地を見せたここ2年間です。昨年は石川遼も優勝争いに加わったことで、4日間合計で約42,000人が戸塚カントリー倶楽部に 来場しました。毎年3連休の時期に開催されるのも影響があるかもしれません。

キャノンオープンが始まったのは2008年からですが、 2005年には日本女子オープンゴルフが戸塚カントリー倶楽部で開催され、宮里藍が優勝しています。この時のギャラリー来場者数は21,018 人で今でも記録として残っています。これだけの人数を集客できるのは戸塚カントリー倶楽部の立地の良さが挙げられます。横浜市の市街地の中によくこれだけのコースがあるなという印象です。ツアー時にはJR東戸塚駅と相鉄二俣川駅から送迎バスがひっきりなしに出ています。
 

canonopen2012.jpg



2012年最終日は史上最年少でのツアー10勝目を目指す池田勇太が単独首位で、2位タイには石川遼、黄重坤、手嶋多一が2打差追いかける展開で始まりました。特に池田勇太、石川遼がいる最終組は注目が集まります。

池田勇太の優勝となると昨年の7月のサン・クロレラ クラシック(小樽カントリー倶楽部)以来。石川遼が優勝となると意外かもしれませんが、2010年三井住友VISA太平洋クラシック以来で、手嶋多一は優勝となると実に5年ぶりとなります。

昨日の夜からの雨と午前中は小雨が降っていた影響で若干来場者数が減ったのかもしれませんが、それでも池田・石川・手嶋の最終組は非常に多くのギャラリーがついて回り後半は先回りして観戦場所を確保しておかないとプレーが見られないほどでした。

結 果は、初日から首位を守り通した池田勇太がプレッシャーのかかる中スコア69でまとめ2009年以来のキャノンオープン制覇となりました。池田勇太は今 シーズン初優勝となり、優勝賞金3,000万円が加算されますので一気に賞金ランキング2位に浮上しました。最終18Hでは午前中の雨も止み、秋の日射し が出てきたので観戦していて非常に気持ちが良かったです。

キャノンオープンが毎年開催される戸塚カントリー倶楽部は国内屈指の名門コースです。2012年10月現在、神奈川県のゴルフ会員権相場で取引中心値1,000万円を超えているのは戸塚カントリー倶楽部と磯子カンツリークラブ、そしてレイクウッドGCぐらいです。

 

戸塚カントリー倶楽部ゴルフ会員権相場

過去にも数々のメジャーツアーの舞台となり、ゲーリー・プレーヤーは「戸塚のグリーンは世界No1」と評しています。10月1週目のこの時期に毎年開催されるようになったキャノンオープンを来年も楽しみにしたいです。


※参考
神奈川県会員権相場
 

このページの先頭へ

アコーディア・ゴルフの大厚木カントリークラブ東、西を回りました。本コース27H、隣接する桜コース18Hの中で最もコースレートの高い組み合わせです。
 

no1-daiatsugi.jpg


特に東コースは距離もフェアウェイの広さもたっぷりとしたチャンピョンコースで3番、6番のショートは簡単にはパーが取れません。

適度なアップダウンやドッグレッグもあり変化に富んでいます。会員数が多いとはいえローハンディのプレーヤーが多く集まる所以だと思います。

東、西コースはドライバーが伸び伸び打てる醍醐味あるコースです。厚木近辺のゴルフ場では貴重な存在でしょう。
 

no2-daiatsugi.jpg


東コースからのスタートは一人でも中々取れない、昼休みは1時間半待ち、ビジター入れ過ぎなどメンバーの方からいろいろ厳しい指摘があります。ただ、コースコンデションは最高な状態、カート乗り入れ可、ゴルフ練習場完備、アプローチ練習場あり、GPS装備、2コース利用可(45H)など大厚木CCならではの魅力も捨てがたいものがあります。
 

rensyu-daiatsugi.JPG


横浜から高速を使わずに40キロ、車で1時間弱のアクセスは強みです。近隣には本厚木カンツリークラブ、中津川カントリークラブ、東名厚木カントリー倶楽部などが隣接しています。

45H、2コース分ということで年会費が63,000円と高めなのが難点ですが、毎週のように利用するゴルファーは高速代も不要ですし充分元が取れるでしょう。ビジターとメンバーの料金差額は今でも12,000円前後あります。

もうひとつ特筆ものなのが競技会のレベルが高い事でしょうか。

Aクラスだけで100人を超す参加者がいるのは大厚木カントリークラブならではです。エントリーが思うように出来ないという声も聞かれますがそのレベルの高さは周囲のコースにはないものです。
 

no4-daiatsugi.jpg


2012年10月末で名義書換料が半額になる制度が終わりますが、35万円前後で本格的なコースの競技ゴルファーを目指せるのは何と言っても捨てがたいものがあります。
 

アコーディアゴルフ会員権

大厚木カントリークラブゴルフ会員権相場

このページの先頭へ

今年で45回目を迎える日本女子オープンゴルフ選手権3日目(横浜カントリークラブ西コース)を観戦してきました。日本女子ゴルフ界最高峰の競技として日本ツアートップクラスの選手と、海外からランキングTOP10位のうち7人が参戦し6人がメジャータイトルホルダーという超豪華メンバーによる戦いです。

プロツアーですのでゴルフ場内の写真を撮れませんが、間近でトップレベルの選手のプレーを見ることができテレビとは違う「生」の醍醐味を感じました。全英女子オープンを制した申ジエ、メジャータイトルホルダーのチェ・ナヨンなど間近で観戦できます。
 

japanwomen-yokohamacc.JPG


※写真は横浜カントリークラブ外に設置されているボードです。

大会3日目は土曜日であることと、天気が快晴だったため非常に多くのギャラリーが来場していました。JR東戸塚駅と相鉄二俣川駅から送迎バスがひっきりなしにやってきます。横浜カントリークラブに隣接する戸塚カントリー倶楽部西コース(設計:井上誠一)で開催された2005年日本女子オープンでは宮里藍が優勝したこともあり来場者は2万人を超えたそうですが、明日も台風の影響がなければ相当なギャラリーが来場することと思います。

凱旋帰国の宮里藍と米ツアー15勝、メジャータイトル5つの世界ランキング1位ヤニ・ツェンが同組だったため、午前中はこの組について観戦しました。宮里藍とヤニ・ツェンがたまたま同組というのは凄いですよね。(スコアの関係で本当にたまたまとのこと)

宮里藍は前半1バーディ、1ボギー(後半は3バーディ、1ボギー)でほぼ完ぺきなゴルフ。ドライバーの飛距離もホールによってはヤニ・ツェンと遜色なくフェアウェイをキープししっかりまとめていくゴルフでした。ヤニ・ツェンは前半2つのボギー(後半は1ボギー、1ダブルボギー)と5つスコアを落としてしまいましたが、ドライバーの弾道は世界トップレベルを感じさせるものでした。

横浜カントリークラブはホール間に起伏があり観戦しやすいゴルフ場です。テレビ中継では中々味わえない横からのドライバーの弾道をじっくり見ることができました。

大会3日目の今日は暑い日射しはあるものの1日、2日目のような強風はそこまでなかったのでスコアは伸びると予想して観戦していたのですが、3日目を終了してアンダーパー・イーブンの選手はいなくなりなりました。

これは一つにフェアウェイがかなり絞られているのと、ラフが想定以上に深いことが挙げられます。それに加えてパー4でも距離のあるコースが多くドライバーの飛距離が出ないとバーディ奪取が難しい反面、ひとたびドライバーショットでラフに打ち込んでしまうと大きな不利が生じます。

また、観戦していて気付いたのですがグリーンがかなり高速です。13番で宮里美香が2打目グリーンへの打ち上げをピンそばにアプローチし、スーパーショットかと思いましたがボールが止まりませんでした。  

まさに日本最高峰の舞台に相応しいコースセッティングです。神奈川県でも名門コースとして有名な横浜カントリークラブですが、改めてプロツアーを観戦してみてそのむずかしさを痛感します。全てのクラブを使い切り、なおかつコースの起伏をうまくコースマネジメントしなければなりません。3日間終わってアンダーパーの選手がいないのも頷けますね。

 

横浜カントリークラブゴルフ会員権ネットブログ

横浜CC14番は打ち下ろしのショートコースなので観戦しやすいホールなのですが、選手にとっては非常に難しいホールです。真ん中に池があり、なおかつ200ヤードありますのでロングアイアンかユーティリティを使用する必要があります。見ているとユーティリティを使っていた選手が多いのですが、10mの打ち下ろしからグリーン上にボールを止める技術を要します。

後半見ていただけでもこのホールで宮里藍がボギー、木戸愛もここでボギー、若林舞衣子も池にボールを落としてしまいました。

台風の影響が心配ですが、最終日は3打差に8人がひしめく大混戦。フォン・シャンシャン、木戸愛のトップ2人を含め上原彩子、宮里藍、インビー・パーク、宮里美香、不動裕理、北田瑠衣。この中誰が抜け出すか非常に楽しみな日本女子オープン最終日となりました。

 

ゴルフ会員権-神奈川県相場
 

このページの先頭へ

東名町田インターチェンジからゆっくり走って1時間で富士インターチェンジに着きました。遠いイメージですが朝の東名高速道路は矢張り早いです。

インターを下りてから20分で富士チサンカントリークラブに到着。東京・横浜から毎週通うには少し厳しいですがそれほど遠いというイメージは持ちませんでした。
 

clubhouse.jpg


富士市の製紙工場の煙突群が眼下に見える高台にレイアウトされた27H(富士、駿河、白糸)でホール毎は色々変化は有りますが、富士山の裾の勾配の通りの緩やかな打ちおろし、打ち上げが中心になっています。
 

no4fuji.jpg

 

クラブハウスのすぐ前は広々した富士、駿河コースのロングホールが隣り合わせで並んでいます。これだけでこのコースの雄大さが分かるというものです。

 

no1fuji.jpg



200Y台の短いミドルもありましたがコースはどこも広々していてOBは無く、コース内にネットで仕切りがあったりするような無理なレイアウトはまったくありません。

 

no2-2fuji.jpg



風格のある杉林でセパレートされており林間コースの趣も充分あります。まあ言って見れば雄大な林間コースに富士山の裾の勾配をつけたといった感じでしょうか。
 

no2suruga.jpg

 

グリーン周りも特に難しくなくバンカー数も少ない印象で、富士チサンCCは上級者にはやや物足りない部分はあるかもしれません。

 

no3fuji.jpg



バンカーや池、クリーク等で味付けしなくても杉林の上に見える雄大な富士山がなんといっても圧巻です(御殿場の富士山は大き過ぎるという評価もあります)。

これさえあれば何も要らない、そんな圧倒的な存在のような気がします。
 

no1-2fuji.jpg


名義書換料を含め15万円以下(2012年9月現在)でメンバーになれます。この金額でしたらビギナーの方やネット予約のゴルファーが多少多く、クラブハウスがやや古く、レストランがそれほどお洒落じゃなくても充分我慢出来るレベルかもしれません。
 

rensyu.jpg


富士チサンカントリークラブのメンバーになれば6,000円台でラウンドできるようです。ビジターだと6,7千円プラスですので20回もプレーすればすぐに元が取れる計算です。

初めての方や広々した所でゴルフをやりたい方にはぴったりのゴルフ場でしょう。

厚木近辺で2倍の予算でややトリッキーなコース(コース内にネットがある)でプレーするか、少し遠くても富士山を眺めながら伸び伸びプレーするか少し迷う選択のような気がします。

 

no2-2suruga.jpg


 

富士チサンカントリークラブ会員権相場

 

ゴルフ会員権ネットお勧めのPGMゴルフ場

このページの先頭へ

プロフィール

グローバルゴルフネット株式会社
代表取締役社長 坪井 繁幸